住職のつぶやき

高野山

先日、宗派の研修旅行で高野山に行ってきました。

午後京都出発だったので午前中は南禅寺さんを拝観させていただきました。紅葉シーズンでもあり三門の上からの景色は正に「絶景かな!」でした。ドラマによく使われるそすい疏水を見たり久々の京都観光でした。新幹線の駅や観光地に修学旅行と思われる子供達の姿や胸に印をつけた団体旅行者が見られるようになり感染症の拡がりが落ち着いてきたのを実感しました。

高野山では特別拝観させていただき、普通には入れないような所まで丁寧な説明とともに見せていただきました。高野山にあるお寺の住職が亡くなると親しかった僧侶が、亡くなった人が愛用していた衣を身に付け夜に伽藍でお勤めをします、「お化け」と言うんです。そんなお話しが印象深かったです。

私たちが入っているので、一般の参拝者の方が自分たちは入れないと言われて「同じ金払ってるのに!」と文句を言ってられました。ちょっと見れば我々は普通と違うとわかったと思うのですが。観光地である前に信仰の塲なんです。

真子さま御結婚

真子さまの御結婚がようやく実現する。ご婚約が内定した時、お相手の小室さんの家が私が横浜に暮らしていた時のご近所だったこともあり喜んでこの欄にもコメントを書いた。あれから4年も経ったらしい。よもやあんな騒ぎが起こるとは思いもしなかった。お相手に関しては当然宮内庁が十分に調べてから公にしたものと思っていた。それがあんなことになり、宮内庁は職務怠慢なのではないかと思っていた。昨日の読売新聞を読んで納得した。今までの皇族の御結婚は宮内庁がそれこそ3代さかのぼってまで調査することもあったと。ところが今回は個人を尊重する秋篠宮様のご意向で調査がされなかったという。これが事実であれば秋篠宮様は恐れながらあまりに世間知らずでご自分がいかに色んな人たちに守られているかのご自覚に欠ける。また、こうなることは十分に予想できたであろうに、宮様に苦言をていさなかった宮内庁にも大きな落ち度があると思う。なぜ、真子さまのお幸せを一番にお考えにならなかったのか。人は時として大事な事を見失う。

なにはともあれ、これだけの障害を乗り越えられたのだ。本当におめでとうございます。真子さまと小室さんの結婚生活が末長く幸せなものでありますように。

車椅子ラグビー銅メダル!

車椅子ラグビーで日本が銅メダルをとりました。おめでとうございます!

車椅子ラグビーの紅一点、倉橋香衣さんは親友のお嬢さんの大学時代の後輩です。同じトランポリン部に所属した後輩がトランポリンの事故で体が不自由になり車椅子生活になったという話を聞いたことがありました。病院にお見舞いに行ったらけがをした彼女よりお見舞いに行った人たちの方暗かった。彼女は明るく、学校に復帰すると車椅子の人が学べる環境を求めてガンガ交渉して、車椅子ラグビーでパラリンピックを目指しているんだよ。そんな話を聞いていました。若い子がいきなり体が不自由になったらどんなにか辛いだろうと思うのにそんなに前向きに生きられるんだ。とすごく感動したのを覚えていました。なのでパラリンピックの車椅子ラグビーで女子が一人出るときいてすぐに「車椅子ラグビーやってるNちゃんの後輩、パラリンピック出てない?」と聞くと「出てる!倉橋香衣ちゃん!」ルールすらよくわからないのですが一生懸命応援しました。金メダルとらせてあげたかった。楽しい時間をありがとう。

大山登山

高校の同級生達と尾瀬にハイキング旅行に行くという話がもちあがり、「行きます!」と参加表明したものの(果たして自分はそんなに歩けるのか?)と不安になり、試しに大山に登ってみました。

朝7時に出発。細い道をクネクネ歩き大山街道の石倉橋辺りに着いたところでトイレに行きたくなりました。おっ!うちの不動堂がすぐそこではないかと一瞬喜び、次の瞬間鍵を持っていない事に愕然とし、どこかにトイレはないか必死に記憶を辿る旅となりました。

無いんです。公衆便所はもちろんコンビニも。何か無かったっけ?JAは?まだ8時前だ!郵便局、明かりが点いてる、人がいる、ドンドン叩いて開けてもらう?いや、そこまではできない。大山に住んでる友達誰だっけ?(私が通った中学の学区は日向薬師、大山、善波峠まで含でいた。)ろくでなしの私には家を知ってるような友達は思い出せなかった。市営駐車場まで行けば助かると思った矢先「トイレあったぞ」同行していた夫の指差す先には『みんなのトイレ』と書かれた小さい建物が。大人としての面目が保たれました。

トイレから出てくるとお店のおじさんが開店準備をしていました。(おぉ、ここは最近はやりの行列ができるかき氷屋さんではないか)ということに気づき「今日は何時まで営業してますか?」「4時までだけど無くなると早じまいしちゃいます」「わかりました」という会話をして再び山頂を目指したのでした。

この日は朝からすでに暑く川に沿った道になると時折吹く川面を渡る風が心地よく、コマ参道では大山は1251メートルなんて豆知識を得ながらケーブルカーの駅へ。登りだけはケーブルに乗ろうと片道切符を買ったのでした。下社でお参りをして登山道入り口でお清めをして登山の無事を祈って登り始めました。登り始めると○○町目という石の杭があり、「何町目まであるんだろう?」というと夫が「10町目じゃないか?」というのでその気になって「あらずいぶん楽なもんじゃない」と思っていたら10どころではありません。20過ぎても頂上には着きませんでした。最初気楽に飛ばしたせいか山頂に到着したときは結構へろへろでした。それでも奥の院にお参りをしておむすびを食べて下山を始めました。これだけ歩けたら大丈夫かななどと思いながら。同じ道を帰るのはつまらないので見晴台経由で帰ることにしました。今まで上ったときは日向に降りていたので下社にまた戻るのは初めてでした。見晴台への道は整備されていて微妙な階段でした。驚いたことにこれがうまく降りられないのです。若い人たちが前向きに普通にスタスタ階段を降りていくのに段差がちょっと大きいと体を横にして一段一段よっこらせと降りる。しんどいしんどい。若い頃は何十㎏もの機材を担いで山歩きをしていた夫も足が痛いと休み休み降りています。二人して「なんとか降りるしかない。」「降りたらかき氷食べよう。」「本当にこの道であってる?」と励まし合い、後から来る人たちに先を譲り、少しずつ進みました。頂上の案内板には見晴らし台1.6㎞とあったのになかなか着かない。ようやくたどり着いた見晴台には山頂2.2㎞の案内が。???見晴台から下社までの距離が1.5kmだったのが0.9kmになっていたのでもうどうでもいいわと少し休んで下り始めました。0.9kmが遠い遠い。かき氷に間に合うのか?下社どこ?家族連れやらおじさん、おばさん、白人のイケメンお兄さん、上半身裸の白人のマッチョなお兄さんいろんな人に追い越されながらよろよろ老夫婦で降りてきました。15時ようやく下社に到着。もちろんケーブルカーに乗りました。往復チケットにしとけば良かったと思いながら。もう階段は手すりを使わずには降りられない状態でした。もちろんモータープールまで妹に迎えに来てもらいました。「かき氷食べて帰ろう」というとすごく混んでいて車が並んでたからお店に捨ててあげる。食べ終わったら電話して。とお店に捨ててくれました。滑り込み最後のお客さんとしてリストに名前を書き、1時間待ってかき氷を食べて、また迎えに来てもらって帰りました。

黒蜜きな粉ミルク1,000円

意識して足を鍛えないといけない年になったことを実感する大山登山となりました。あれから三日たってもアヒルのような歩き方をしているのは言うまでもありません。

御供物

夏も終わろうとしています。9月のカレンダーを見てびっくり。ほとんど法事がありません。「三光寺はもうダメかもしれない」と副住職に言うと「何年か前にも言ってたよね」と冷静な返事。そうなんです。たま~にそういう月があるのです。緊急事態宣言の影響もあるのかもしれません。

さて、皆さんが仏さんにあげてくださったお供物(お菓子など)ですが、法事や何かで寺にお見えになった方のお茶菓子としてお出ししたり、お世話になった方へお礼にお渡ししたり、もちろん私たち寺族のおやつとしていただいたりもしております。今回は法事の予定がほとんど無い9月を前に、お菓子の賞味期限や量を考えたときに寺だけで消費しきるのは難しいという結論になりました。うちのご本尊様はお地蔵様です。ご存じのようお地蔵様は子供たちの味方です。そこで子供たちに食べてもらったら仏さんもお喜びになるだろうと児童養護施設に寄付させていただきました。節約できたおやつ代で子供たちが必要な何かを買ってもらえたらなお嬉しいと思います。

お寺が御供物を子ども食堂などに寄付する話を聞いて「俺たちは寺がいらないものをあげているのか」と怒った人がいるという話を他のお寺さんから聞いたことがあります。そうでは無いんです、と言うことをおわかりいただけば幸いです。

メンタリストDaiGo

あんなに頭の良い人が中学生みたいな発言を堂々とすることに驚きました。ホームレスよりネコを助けろ、自分が払う税金が生活保護に使われるのは嫌だ、っていうようなことをYouTubeで発信して大騒ぎになってるわけです。

ふと、私が以前に書いた生活保護でアルコール依存症の話は誤解されるとヤバいと思いとりあえず意図を説明しておこうと思います。私は生活保護をするならきちんと保護して欲しいと思うのです。アルコール依存症で飲酒、入院を繰り返す人に医療費を出すのではなく飲めなくなるように施設に保護するとか、税金を使うからには考えて欲しいと思っているのです。DaiGoと同じ考えの坊さんがいるなんて取り上げられたらまずいのでちょっと追加説明しました。

「強い人は弱い人を守るために強く生まれて来たんだよ」って誰も彼に教えなかったんでしょうね。今の彼の成功は彼自身の力だけではないということをわからないんでしょうね。あんなに頭がいいのに。