住職のつぶやき

楽しかったこと

本来なら昨年末に書きたかったのですが、バタバタしていて書けなかったのでゆったりまったり駅伝を見ながら書こうと思います。

昨年晩秋、一昨年の公約通り親友のKちゃんがまたもやご近所の高級温泉旅館にEちゃんと二人ご招待してくれました。「あざーっす!」「ゴチになります!」いそいそ出かけていきました。「あたしはエステで美しさに磨きをかけるけどあなた達はどうする?」というKちゃんの問いに「がちのマッサージにする!花より団子!」と答えたのはEちゃんと私。その日はコロナも感染者数が減りみんなが動き出した頃で旅館も混んでいてチェックインに20分以上待つという状態。「3時半にマッサージを頼んであるんだけど」と告げてようやくチェックインしてもらい部屋へ。テレビに出るほどの経営改革をしている旅館なので緊急事態宣言の間は従業員を減らすなどしていたのでしょうね。急に増えたお客さんに対応しきれない感が否めませんでした。

前年同様、露天風呂付きの客室。一っ風呂浴びてからマッサージのはずがあたふた着くや否やマッサージに。マッサージ師のおじさんは我々を有閑マダムと思ったのか『きみまろトーク』を繰り広げました。「いいですねぇ、旦那さんおいて温泉三昧」「最高のおつまみは旦那の悪口ですか?」確かに旦那さんおいて温泉三昧ですが、旦那の悪口は肴にならないなぁ。一人の旦那は不幸なことにもと同級生で共通の友人だから笑いものにはするけど。「あのパンツはどこにやった?」って散々探させたあげく自分ではいてたなんてのは格好のネタです。幸いなことにまだ現役で働かせていただいてる我々の話題は体の不調でも孫自慢でも無く仕事がらみが多いということに気づきました。「男女共同参画会議でね元校長先生が『女が会議で意見を言うとむっとしますよね』って言ったのよ。」「あり得な~い!森元総理か?」、「手術前の回診でどうも様子がおかしいから悩んだあげく手術を中止して調べ直してもらったの。あのまま手術してたら助からなかったかも~。」「良かったねぇ~。危機一髪じゃん。」、「『速さはね単位時間1時間とか1分とか1秒にどれだけ進むかを表すものなんだよ。例えば1時間に1㎞進速さを時速1㎞と言います、1時間に2㎞進速さは時速2㎞です。じゃぁ、時速3㎞は1時間に何㎞進むでしょう?』って聞いてわからない子がおととしは一人、去年は二人、今年は三人いたんだよ。自分の言語能力の限界を感じたわ~。」「そりゃ、大変だ~」。「シャンパンは蓋を持って瓶をひねって開けるんだって」うんちくたれながらシャンパン開けて、日本酒開けて、焼酎開けて楽しい夜は更けていったのでした。元気に働いて、一緒に笑って過ごせる友と時間があり本当にありがたいことです。Kちゃんありがとう、Eちゃん遠くから参戦ありがとう。この楽しい時間をまた持てるようにうっかり死んじゃわないように頑張ろうと思います。

お正月

明けましておめでとうございます。旧年中のお力添えに感謝いたします。また、本年もよろしくお願いいたします。

今年も年越しのお経をあげながら新年を迎え、護摩供を奉修しながら初日の出を迎えました。

みんなの幸せを祈りながら穏やかに新年を迎えられる、ありがたいことです。

友人が護摩札を取りに早朝お詣りに来てくれました。シルスマリアの生チョコロールケーキを持って。お正月のご馳走にまた一品加わりました。ありがとう。

お隣の若夫婦が赤ちゃん連れてお詣りに見えました。お正月早々良いものを見せていただきました。

毎年お詣りに見えるTさん。子供たちが毎年一緒に来てくれます。その成長を見るのが何とも嬉しいです。

どうぞ初詣にお出かけください。無病息災のご祈祷をした缶詰をお配りしております。なくなり次第終了です。

皆様のご多幸をお祈りいたします。

今年の漢字

遅ればせながら私の今年の漢字を発表いたします。

『老』でございます。

今年還暦を迎えて年齢的にも老年に入り同級生に定年を迎えた人も多く、一線を退いた感がありあます。それから体力。つぶやきにも書きましたが夏の終わりの大山登山は体力の衰えを痛感させるものでした。今までは思いついて急に体を動かしても数日の筋肉痛ですんでいたのですが、それ以前に動くことができなっている自分に驚きました。思いついたように参加させてもらうテニスも30分で息があがりこっそりサボりながらやるという感じです。先月、朝からディズニーランドに出かけたときも午後3時頃には疲れ果てて「カントリーベアシアター」「魅惑のチキルーム」「ウエスタンリバー鉄道」3連チャンでお昼寝してHPをようやく回復というていたらく。そして何よりも痛感したのが頭の衰え。もともとうっかりものなのですがうっかりにもほどがある出来事が。塾のアルバイトで授業の終了時間をまちがえ教室スタッフに「先生、終了時間過ぎてます。」と声をかけられた。2コマ授業をしなければいけないのに1コマやって終わったと思い帰ってしまい駅の改札でハッと気づいて走って戻った。お経を読んでいてふとした瞬間にどこを読んでいるのかわからなくなった。これはもうダメかもしれない。と悩んだあげく脳神経外科で認知症の検査を受けました。「このカードを覚えてくださいね。」というあの検査です。久々に必死でテストに臨みました。「今日は何曜日ですか?」(何曜日?)アルバイトが無いと曜日感覚が全くなくなってしまう私。「え~と、え~と、・・」必死で考えて「わかった!今日は水曜日です!」自信満々に答えを絞り出しました。後で確認したら火曜日でした。まぁ、結果、減点はこの問題だけだったようで「もっとオカシイと思ったら来てください。」で一件落着。お医者さんの友人からも「あんたは前からそうなんだから大丈夫」とずいぶん前にも言われてはいたのですが。とりあえず家族には「かなりおかしかったら病院に連れて行ってくれ」と頼みました。だってそうなったら自分ではわからないと思うんですよね。

自分で意識して体力でも知力でもキープしていく努力をしないといけない年になったということですね。がんばります。

高野山

先日、宗派の研修旅行で高野山に行ってきました。

午後京都出発だったので午前中は南禅寺さんを拝観させていただきました。紅葉シーズンでもあり三門の上からの景色は正に「絶景かな!」でした。ドラマによく使われるそすい疏水を見たり久々の京都観光でした。新幹線の駅や観光地に修学旅行と思われる子供達の姿や胸に印をつけた団体旅行者が見られるようになり感染症の拡がりが落ち着いてきたのを実感しました。

高野山では特別拝観させていただき、普通には入れないような所まで丁寧な説明とともに見せていただきました。高野山にあるお寺の住職が亡くなると親しかった僧侶が、亡くなった人が愛用していた衣を身に付け夜に伽藍でお勤めをします、「お化け」と言うんです。そんなお話しが印象深かったです。

私たちが入っているので、一般の参拝者の方が自分たちは入れないと言われて「同じ金払ってるのに!」と文句を言ってられました。ちょっと見れば我々は普通と違うとわかったと思うのですが。観光地である前に信仰の塲なんです。

真子さま御結婚

真子さまの御結婚がようやく実現する。ご婚約が内定した時、お相手の小室さんの家が私が横浜に暮らしていた時のご近所だったこともあり喜んでこの欄にもコメントを書いた。あれから4年も経ったらしい。よもやあんな騒ぎが起こるとは思いもしなかった。お相手に関しては当然宮内庁が十分に調べてから公にしたものと思っていた。それがあんなことになり、宮内庁は職務怠慢なのではないかと思っていた。昨日の読売新聞を読んで納得した。今までの皇族の御結婚は宮内庁がそれこそ3代さかのぼってまで調査することもあったと。ところが今回は個人を尊重する秋篠宮様のご意向で調査がされなかったという。これが事実であれば秋篠宮様は恐れながらあまりに世間知らずでご自分がいかに色んな人たちに守られているかのご自覚に欠ける。また、こうなることは十分に予想できたであろうに、宮様に苦言をていさなかった宮内庁にも大きな落ち度があると思う。なぜ、真子さまのお幸せを一番にお考えにならなかったのか。人は時として大事な事を見失う。

なにはともあれ、これだけの障害を乗り越えられたのだ。本当におめでとうございます。真子さまと小室さんの結婚生活が末長く幸せなものでありますように。

車椅子ラグビー銅メダル!

車椅子ラグビーで日本が銅メダルをとりました。おめでとうございます!

車椅子ラグビーの紅一点、倉橋香衣さんは親友のお嬢さんの大学時代の後輩です。同じトランポリン部に所属した後輩がトランポリンの事故で体が不自由になり車椅子生活になったという話を聞いたことがありました。病院にお見舞いに行ったらけがをした彼女よりお見舞いに行った人たちの方暗かった。彼女は明るく、学校に復帰すると車椅子の人が学べる環境を求めてガンガ交渉して、車椅子ラグビーでパラリンピックを目指しているんだよ。そんな話を聞いていました。若い子がいきなり体が不自由になったらどんなにか辛いだろうと思うのにそんなに前向きに生きられるんだ。とすごく感動したのを覚えていました。なのでパラリンピックの車椅子ラグビーで女子が一人出るときいてすぐに「車椅子ラグビーやってるNちゃんの後輩、パラリンピック出てない?」と聞くと「出てる!倉橋香衣ちゃん!」ルールすらよくわからないのですが一生懸命応援しました。金メダルとらせてあげたかった。楽しい時間をありがとう。